電脳Rubyプロダクツ Cygwin binaries

Last modified: Sat, 25 Jan 2014 16:23:28 JST

電脳Ruby謹製品の Cygwin バイナリパッケージを提供しています. Cygwinインストーラ setup-x86.exe から簡単にインストールできます.

まずは「電脳Ruby謹製品を使うためのCygwin環境構築」を見てCygwin環境を整えてください.

パッケージ一覧

Windows 7 上の Cygwin DLL (cygwin1.dll) 1.7.18 で動作確認しています (それ以前のバージョンでの動作は確認していません). Cygwin DLLのバージョンは以下のコマンドで確認できます:

$ uname -r

GNOME2など比較的新しいライブラリを使用しますので,できるだけ最新の環境を追いかけることをおすすめします.

Cygwin binary packages (checked with Cygwin DLL 1.7.18)
archive
dcl-gtk2dcl-gtk2-5.4.8-1.tar.bz2
dcl-C-gtk2dcl-C-gtk2-5.4.8-1.tar.bz2
ruby-narrayruby-narray-0.6.0.8-1.tar.bz2
ruby-narray_missruby-narray_miss-1.2.8-1.tar.bz2
ruby-dcl-gtk2ruby-dcl-gtk2-1.7.0-1.tar.bz2
ruby-netcdfruby-netcdf-0.6.6-1.tar.bz2
ruby-fftw3ruby-fftw3-0.4-1.tar.bz2
numru-miscnumru-misc-0.1.1-1.tar.bz2
numru-unitsnumru-units-1.7-1.tar.bz2
gphysgphys-1.3.1-1.tar.bz2
rb-gslrb-gsl-1.14.7-1.tar.bz2
※パッケージ名にリンクがあるものは電脳Rubyプロジェクト外の製品です

※ruby-narray が 0.5.9 から fftw2モジュールのサポートをしなくなったため,fftw2 は Obsolete にしました. [2006/09/13]
※インストール先ディレクトリ(prefix)が /usr/local -> /usr に変更になりました. ドキュメントは /usr/share/doc/ 以下にあります. [2006/03/01]
※Rubyライブラリのインストール先が /usr/lib/ruby/site_ruby/1.8/ 以下に変更になりました. (以前は /usr/local/lib/site_ruby/1.8/ 以下だったため,環境変数 RUBYLIB の設定が必要でしたが,それが必要なくなりました) [2006/01/15]
fftw は Obsolete です. Cygwin公式パッケージの fftw3, fftw3-dev をお使いください. (setup-x86.exeを使うと,自動的にアンインストールされて fftw3, fftw3-dev がインストールされます) [2006/01/15]

Cygwin Setup によるインストール

電脳Ruby謹製品を使うためのCygwin環境構築」で説明している環境が整っていることを前提とします.

1. setup-x86.exe を実行します.

2008年の夏頃にCygwinのインストーラのポリシーが変わって、 認証されていないダウンロード元からはデフォルトではダウンロード しなくなってしまいました。

認証されていないダウンロード元からのダウンロードを許可するには

setup-x86.exe -X

として起動すればよいので、コマンドプロンプトから実行するか、 あるいはアイコンからの場合は

  1. setup-x86.exeのショートカットを作成
  2. リンク先という欄を"C:\.......\setup-x86.exe" -X に書き換える(...のところは実際のパスを入れてください)
  3. ショートカットの方を起動する。

以上でsetup-x86.exeから電脳製品のダウンロードが可能になります。

2. Cygwin Setup

電脳Ruby謹製品を使うためのCygwin環境構築」と同様にして進めていってください.

2. 電脳サーバをダウンロードサイトに指定します.

Choose Download Site(s)

複数のダウンロードサイトを指定することが可能です. 以前指定したダウンロードサイトがすでに選択された状態になっていますので,そのままの状態で http://ruby.gfd-dennou.org/products/cygwin/ と入力し,「Add」ボタンをクリックしてください. これで電脳サーバがダウンロードサイトに追加されました.

3. ダウンロードするパッケージを選択します.

Select Packages

新たに「Dennou-Ruby」というカテゴリができています. カテゴリ名の横の "Default" を "Install" に変えれば,すべての電脳Rubyパッケージがインストールされます. このとき,依存するパッケージも自動的に選択されます.

「次へ」をクリックするとインストールが始まります.

動作チェック

Cygwin端末から

startx

として Xサーバと xterm を立ち上げます.

/usr/share/doc/(パッケージ名)/ 以下に,デモプログラム・テストプログラムがあります(用意されていないパッケージもあります)ので,xterm から実行してみてください.


GAVE で NetCDFファイルの描画を行った例
GAVE on Cygwin/X

その他・特記事項

Ruby-GNOME2 のパッケージ内容

ここで配布している Ruby-GNOME2 のパッケージには,すべてのGNOME2ライブラリのRubyバインディングが含まれているわけではありません. Cygwinの公式パッケージ (setup-x86.exe で最初から選択できるダウンロードサイトで提供されているもの) のみをインストールした状態でコンパイルしていますので,当然 Cygwin公式パッケージで提供されているGNOME2ライブラリにしか対応していません.

現在配布しているRuby-GNOME2パッケージには Ruby/GLib2, Ruby/ATK, Ruby/Pango, Ruby/GdkPixbuf2, Ruby/GTK2, Ruby/GConf2, RubyGNOME2, Ruby/GnomeCanvas2, Ruby/GnomePrint, Ruby/GnomePrintUI, Ruby/GnomeVFS, Ruby/GtkHtml2, Ruby/Libart2, Ruby/Libglade2 が入っており,GAVE が必要とするライブラリはすべて揃っています.

rebase問題

Cygwin で Ruby のプログラムを動かしていると,

...
D:\cygwin\bin\ruby.exe: *** unable to remap D:\cygwin\bin\cygssl.dll to same address as parent(0xDF0000) != 0xE00000
...

みたいなメッセージが延々と出力されてどうしようもなくなることがあります.

このようになったときは,そのプログラムを中止し,

$ rebaseall

というコマンドを実行してやると回避できます.setup-x86.exe から rebase というパッケージをインストールしておく必要があります.

これはRubyだけで起こる問題ではなく,Cygwin fork() の問題だそうです.詳しくは rebase のドキュメント (/usr/share/doc/Cygwin/rebase-x.x.README) などを見てください.



Copyright (C) 2003-2007 GFD Dennou Club. All rights reserved.