地球流体電脳倶楽部

/GFD_Dennou_Club/ ftp/ arch/ deepconv/ sample/

2004-11-18_kitamo

音波計算の計算結果置場
北守 太一 (2004/11/18)
2004/11/16 z 方向の音波の伝播(クーラン数をそろえたもの)


要約

draw.sh
作図用シェルスクリプト
北守 太一 (2004/11/18)
作図自体は ./ruby 以下にある Ruby スクリプトによって行われる. このシェルスクリプトはまとめて図を描くためのラッパーである.
fig/
計算結果の図
北守 太一 (2004/11/18)
ファイル名は (変数名)-(line/contour の区別)-t(時間間隔)-n(格子点数).png となっている.
[この図は ./ruby にあるスクリプトを用いて作成される.]
nc@
計算結果の出力ファイル
北守 太一 (2004/11/18)
ファイル名は arare_(dim)_(格子点位置)-t(時間間隔)-n(格子点数).nc となっている.
ruby/
作図用 Ruby スクリプト
北守 太一 (2004/11/18)
soundwave04.html
計算結果(z 方向の音波の伝播: クーラン数をそろえたもの)
北守 太一 (2004/11/18)
src/
計算に用いたプログラムソース
北守 太一 (2004/11/18)
オリジナルソースは ../../arare_current/src .

詳細

draw.sh
作図用シェルスクリプト
北守 太一 (2004/11/18)
作図自体は ./ruby 以下にある Ruby スクリプトによって行われる. このシェルスクリプトはまとめて図を描くためのラッパーである.
fig/
計算結果の図
北守 太一 (2004/11/18)
ファイル名は (変数名)-(line/contour の区別)-t(時間間隔)-n(格子点数).png となっている.
[この図は ./ruby にあるスクリプトを用いて作成される.]
nc@
計算結果の出力ファイル
北守 太一 (2004/11/18)
ファイル名は arare_(dim)_(格子点位置)-t(時間間隔)-n(格子点数).nc となっている.
ruby/
作図用 Ruby スクリプト
北守 太一 (2004/11/18)
soundwave04.html
計算結果(z 方向の音波の伝播: クーラン数をそろえたもの)
北守 太一 (2004/11/18)
src/
計算に用いたプログラムソース
北守 太一 (2004/11/18)
オリジナルソースは ../../arare_current/src .

last update: 2017/08/19 10:00:54
this page is generated with mksigen