地球流体電脳倶楽部

/GFD_Dennou_Club/ ftp/ arch/ dcmodel/ doc/

sample_tree

dcmodel プロジェクトのディレクトリ構造のサンプル
森川 靖大 (2005/06/30 )


要約

Makefile
トップディレクトリ用 Makefile
森川 靖大 (2005/06/12 作成)
Makefile.rd2html
rd2html 用 Makefile
森川靖大 (2005/06/23 日本語のコメントを追加 )
Makefile.replace
資源内の文字列の一部置換用 Makefile
森川 靖大 (2005/06/12 作成)
始めはバージョンナンバーの自動更新を想定して作成
cvsroot/
モデルプロジェクトの CVS のリポジトリ
森川 靖大 (2005/06/30 )
これはサンプルなので普通のディレクトリが置いてあるが, モデルプロジェクトを始める際は一度 rmdir cvsroot してから, http://www.gfd-dennou.org/arch/dcmodel/doc/TEBIKI.dcmodel-cvsroot.htm.ja を参照してちゃんとした cvsroot を作成すること.
debian/
debian パッケージ置き場
森川 靖大 (2005/06/30 )
debian パッケージを作成する場合には以下に置く.
doc/
手引き置き場
森川 靖大 (2005/06/30 )
各モデルプロジェクトに特有の手引きはここに置く. モデルプロジェクト共通の事項に関しては http://www.gfd-dennou.org/arch/dcmodel/doc/TEBIKI.dcmodel-souron.htm 以下の手引きを編集し, ここには置かないこと.
htmltools/
HTML 用の資源置き場
森川 靖大 (2005/06/30 )
各モデルプロジェクトに特有の HTML 資源 (画像など) は ここに置くこと. 原則的に css は /library/dcmodel/htmltools を参照すること
index.htm
index.htm.en
index.rd
モデルプロジェクトトップページ
森川 靖大 (2005/06/30 )
[このディレクトリで make することで自動的に htm, および htm.ja が生成される.]
memo/
メモ書き置き場
森川 靖大 (2005/06/30 )
打ち合わせの議事録や, ドキュメントとして置く場所は無いけど 作業ログなどを置いておく. 内容は基本的に rd で書き, make によって htm 化する. ディレクトリ内に Makefile と Makefile.rd2html, Makefile.filelist を用意してあるので, make とコマンドするだけで, htm 化 及びそのリストである memo.htm が作成される.
old/
古くなった資源の一時保存「ゴミ箱」
森川 靖大 (2005/06/30 )
もはや古くて必要ないけどすぐ捨てるにはちょっと 気が引けるものを置いておく場所. 置いた日時ディレクトリ (例えば 2005-06-30 ) を 作成してその中に置くこと.
[基本的に「ゴミ箱」なのでそのうち捨てられることを 想定しておくこと. 永続的にとっておきたいものであれば, 別の場所に置き場を作成して置いておくこと.]
project1/
cvsroot 以下にあるプロジェクト (モジュール) の公開用ディレクトリ
森川 靖大 (2005/06/30 )
まず project1/Makefile.export の CVS_ROOT に cvsroot の絶対パスを指定し, MAKEDOC をソースに 合わせて編集する. project1/Current_CVS_Tag.mk のプロジェクトの 名前の変数およびその値と, プロジェクトのタグ名の変数 およびその値を指定する. そして, project1/Makefile.export の PROJECT と CURTAG に先の変数を指定する. 準備が出来たら, make することで, その CVS タグの ソースコードを cvsroot から自動的に export し, MAKEDOC で指定されたコマンドを実行後に tgz に圧縮 したものを用意し, 最後に最新版を示すシンボリックリンクを貼る.
sample/
計算結果置き場
森川 靖大 (2005/06/30 )

詳細

Makefile
トップディレクトリ用 Makefile
森川 靖大 (2005/06/12 作成)
Makefile.rd2html
rd2html 用 Makefile
森川靖大 (2005/06/23 日本語のコメントを追加 )
Makefile.replace
資源内の文字列の一部置換用 Makefile
森川 靖大 (2005/06/12 作成)
始めはバージョンナンバーの自動更新を想定して作成
cvsroot/
モデルプロジェクトの CVS のリポジトリ
森川 靖大 (2005/06/30 )
これはサンプルなので普通のディレクトリが置いてあるが, モデルプロジェクトを始める際は一度 rmdir cvsroot してから, http://www.gfd-dennou.org/arch/dcmodel/doc/TEBIKI.dcmodel-cvsroot.htm.ja を参照してちゃんとした cvsroot を作成すること.
debian/
debian パッケージ置き場
森川 靖大 (2005/06/30 )
debian パッケージを作成する場合には以下に置く.
doc/
手引き置き場
森川 靖大 (2005/06/30 )
各モデルプロジェクトに特有の手引きはここに置く. モデルプロジェクト共通の事項に関しては http://www.gfd-dennou.org/arch/dcmodel/doc/TEBIKI.dcmodel-souron.htm 以下の手引きを編集し, ここには置かないこと.
doc/Makefile
トップディレクトリ用 Makefile
森川 靖大 (2005/06/12 作成)
doc/Makefile.rd2html
rd2html 用 Makefile
森川靖大 (2005/06/23 日本語のコメントを追加 )
htmltools/
HTML 用の資源置き場
森川 靖大 (2005/06/30 )
各モデルプロジェクトに特有の HTML 資源 (画像など) は ここに置くこと. 原則的に css は /library/dcmodel/htmltools を参照すること
index.htm
index.htm.en
index.rd
モデルプロジェクトトップページ
森川 靖大 (2005/06/30 )
[このディレクトリで make することで自動的に htm, および htm.ja が生成される.]
memo/
メモ書き置き場
森川 靖大 (2005/06/30 )
打ち合わせの議事録や, ドキュメントとして置く場所は無いけど 作業ログなどを置いておく. 内容は基本的に rd で書き, make によって htm 化する. ディレクトリ内に Makefile と Makefile.rd2html, Makefile.filelist を用意してあるので, make とコマンドするだけで, htm 化 及びそのリストである memo.htm が作成される.
memo/Makefile
dcpam/memo 用 Makefile
森川 靖大 (2005/06/12 作成)
memo/Makefile.filelist
filelist-html.rb によってメモ書きリストファイルを作成する Makefile
森川 靖大 (2005/06/23 日本語のコメントを追加)
memo/Makefile.rd2html
rd2html 用 Makefile
森川靖大 (2005/06/23 日本語のコメントを追加 )
old/
古くなった資源の一時保存「ゴミ箱」
森川 靖大 (2005/06/30 )
もはや古くて必要ないけどすぐ捨てるにはちょっと 気が引けるものを置いておく場所. 置いた日時ディレクトリ (例えば 2005-06-30 ) を 作成してその中に置くこと.
[基本的に「ゴミ箱」なのでそのうち捨てられることを 想定しておくこと. 永続的にとっておきたいものであれば, 別の場所に置き場を作成して置いておくこと.]
old/2005-06-30/
2005-06-30 以前の資料
森川 靖大 (2005/06/30 )
もはや使わないが一応とっておく.
project1/
cvsroot 以下にあるプロジェクト (モジュール) の公開用ディレクトリ
森川 靖大 (2005/06/30 )
まず project1/Makefile.export の CVS_ROOT に cvsroot の絶対パスを指定し, MAKEDOC をソースに 合わせて編集する. project1/Current_CVS_Tag.mk のプロジェクトの 名前の変数およびその値と, プロジェクトのタグ名の変数 およびその値を指定する. そして, project1/Makefile.export の PROJECT と CURTAG に先の変数を指定する. 準備が出来たら, make することで, その CVS タグの ソースコードを cvsroot から自動的に export し, MAKEDOC で指定されたコマンドを実行後に tgz に圧縮 したものを用意し, 最後に最新版を示すシンボリックリンクを貼る.
project1/Current_CVS_Tag.mk
cvs の最新タグ情報
森川 靖大 (2005/05/31 )
cvsroot からの展開, deb パッケージ作成用に最新のタグ情報を書き込んでおく
[そのほかの情報を書き込まないこと]
project1/Makefile
project1 用 Makefile
森川 靖大 (2005/06/30 )
sample/
計算結果置き場
森川 靖大 (2005/06/30 )

last update: 2017/08/19 10:00:26
this page is generated with mksigen